Posts Tagged with “店”

メニューデザインに役立つ便利なコツ

レストランなどでは必ず置いてあって、店のコンセプトを伝えるのはメニューブックである。

という事で、店の数だけメニューブックも何種類があるし、それぞれに違うデザインもある。

なので、デザイナーとして続けていくと、メニューブックのデザインを依頼される場合も多いだろう。


ここでは、メニューデザインに役立つコツを届ける。

何をやっても同じだが、まずはメニューの内容をしっかり把握すること。

料理の種類自体は、お店の人しか分からないので、そこだけは漏らさず教えてもらうしかない。

だけどここもポイント。
シンプルに仕上げるメニューの場合、お店の人に「エクセルでリストする」とお願いした方が断然いい。
なぜなら、これでAIにコピペしてちょこっとフォントをいじればもうすでに半分完成とのことだ。
値段、料理の番号、もし翻訳などもあればそれぞれの列に入れさせて、あとの仕事もテキパキに進められるんだ。

また、これだったらフォントの変更も簡単に!

料理の名前など必要項目を並べるだけで良いという希望でしたら、そこはその通りにして、シンプルでもセンスのあるデザインで仕上げよう。


ただ、わざわざデザイナーにメニューブック制作を頼むという事は、お店の人もメニューブックが売り上げに貢献してほしいと期待しているはずなので、そこはデザイン、または写真の出番だ。

そのようなメニューを作りたいという要望が少しでもあれば、まず、料理の写真を撮る事だろう。しかし、この写真は美味しそうに撮れていなければならないので、腕に自信がある場合以外は、プロに頼んだほうが良いと思う。ま、もちろん弊サイトのようなストックフォトを使ってもいい。

写真が用意できたら、次はお店の売りにしたい料理を聞くことだね
デザインする時は、この料理の写真をメニューブックで一番最初に目にする場所に大きく載せるのは一番だ。

だけど、ここもポイント。

単に写真をそのまま入れるより、ちょっとメニューの色にあわせてレイヤーを覆ったり、切抜きにしたりしていつもと違った演出した方がクライアントが納得するだろう。

(つづく)

飲食店は美味しいだけじゃ負ける

「美味しいからいいじゃない?」
と飲食店のオーナーがこう言ってきた。
確かに「美味しい」のは大事。

でも、今は、あくまで「最低限の条件」にしか過ぎない。
なぜというなら、飲食店に対して
お客様達は「美味しさ」だけを求めているわけではないからだ!

考えてみればわかるだろうけど
どこのお店も「美味しい料理」を提供しているはずだよね?
その中で「選んでもらえる店」になるには、ただ「美味しい」だけではどうしても物足りない。

もちろん、料理の味で勝負する店もあって、他に素材や独特製法にこだわるような店ならば「美味しさ」だけで勝負するのもあるだろう。

しかし、一般的な店で来場客単価が4000~5000円以下の場合、「美味しさ」だけで
、それ以外のことがなければ、お客様は自分たちのお店を選んでもらえないのだ。
飲食店の数がどれほどあるのはすでにご存じだろう?

なので、美味しさ以外に考えるべき「他の店とは違うところ」は、以下の方向へ

 ・意外な食べ方があるもの
 ・何かストーリーがあるもの
 ・ちょっとひねって普段と違うもの
 ・普段は旅行などで遠方に行かないと食べられないもの
 ・同じ食材なのに、違った調理方法で楽しめる料理

料理とは科学の一つで、ある程度「芸」が込んでるが
料理の達人ならば一捻りで「美味しさ」を保つまま上の方向へ新しいものを作り出せるだろう思う。
要するには思考だ。クリエイティブは大事だ。

お客様はたくさんいらっしゃるから、すべてのお客様がお店に「楽しさ」や「クリエイティブ」を求めているわけではないが

現代のお客様を相手にする場合、飲食経験の高い彼らは、「ただ美味しい」「きれい」だけでは、もう「楽しめない」のだ。

さて、あなたのお店はお客様に「美味しさ」だけでなく、「楽しさ」と「クリエイティブ」も提供できているのか?

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapanese