Category “ライティングスキル”

【ライティングスキル】カテゴリの文章です。

読んで何10万円に値する!現役グルメカメラマンが解説するライト一つだけのライティングスキル

クリームパスタ

フードフォトグラフィー用のライティングスキル、ライト1つだけのセットアップ

フードフォトグラフィーに関しては、自然光がよく求められています。

ただし、太陽は常に動いているため、自然光との一貫性を保つことは困難です。

ほとんどのプロフードフォトグラファーは、人工光を使用して制御しています。

ただし、人工照明の使用は複雑である必要はありません。

ある種の広告や食品の写真撮影をしているのでない限り、1つのライトを使用するだけで済みます。

1つのライトは、ブログ、レストラン、人気の食通雑誌に掲載されている社説の料理を撮影するのに最適です。食べ物に1セットの影を付けるだけで、窓の光を簡単に模倣できます。

Read More

【トラ流グルメ撮影術】スープをハッキリに撮れるためにキーライトの置き場所は大事!

ポークスープ

ストロボでプロに仕上げるグルメ撮影の一大難関だと言えるのは、スープの撮影です

何故と言うとスープの表面は光の反射が強かったり弱かったりしてコントロールが難しいとよく言われました。

光を当てると反射で白く飛ばしちゃって何も映らなかったら失格な写真です。

だったらどうすればいいですか?

Read More

可愛い系ポートレートの3灯ライティング方法

明るく活発な雰囲気のポートレートを撮りたい場合は、シンプルで色の浅い背景はもちろんです

でもこれだけじゃない

ただ色の浅い背景じゃ、前回のライティングみたいになることもあります。

今回はわざと斜め後ろから2灯りを直接当てて、ちょっと硬めな光を作って、肩と髪のあたりはちょっと飛ばしてフレアで朝のような演出にしました。

ぼんやりとして柔らかいイメージにして可愛さを増す手です。

BF_1-01

左の手前からもう1灯を柔らかくして全体に明るさを高めます。ここのポイントはアンブレラを使ってストロボを高い出力に設定して、ちょっと遠めから照らすことです。これで影を無くし全体的に明るい感じにできます。

簡単ですが、女の子ポートレートに対するスタジオ撮影にはほぼ通用できる基礎ライティングです。

光の量のバランスが取れれば基本的には失敗なしである程度撮れます。

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapanese