Category “切抜き”

飲食店専用切抜き画像の格安販売

普段、プロのカメラマンを雇って撮影して、切り抜いてもらってメニューに使う場合、いくらかかると思う?安くしても1時間につき15000円だろう

1時間あたりで何枚何点取れると思う?1点の料理で4~7枚で、早くても1時間は8点の料理で、極限的でも12点までだ。しかもシェフの速さによること。

あとは切抜きの費用、1枚約1000円。

ほかに材料費、ロケ、光熱、人件など、出費はいろいろ。

全てを合わせて計ったら、もし自店のグルメ写真を10点セット撮って切り抜いただけで、なんと50000円ほどになる。

1枚で5000円。たかいよそれ。

だったらどうしよう?

ストック写真買おう~4米ドル1枚で、日本円にしたらたった400円だよ!

5000円の予算さえあればすでに12枚かえるんだ

しかもカメラマンの実力への心配もナシ、実際の写真のまま購入可能で、イメージと実際の写真には差があったり、お金払っても希望の写真撮れなかったり心配する必要もない!

お得だ~

飲食店のオーナーさんにはおススメ!さらに品数増える予定!

写真がご必要の場合、来てみてね~

切抜き写真を選ぼう

買ってそのままデザインに使える切抜き写真

トランスペアレントなので簡単でそのままデザインに使える切抜き写真です。これから引き続き新しいシリーズをリリースする予定ですが、まずはお寿司から!
マグロからカンパチ、玉子、鰻、海老など色々あって、寿司やの基本ネタがそろっております!
デザイナーはもちろん、寿司やさんが買ってデザイナーさんに渡してメニューに使わせてもよし!寿司やさん簡単企業に応援いたします!

しかもお得な値段で提供いたします!!

ぜひ買ってみてください~。

切抜き寿司の写真

切抜き写真で2倍速でメニューデザイン完成できる

グルメ写真をメインに撮ってる日常では、だんだんと相関の製作依頼がくるようになって、ついメニューデザインの依頼も受けて、カメラマン兼ねてデザイナーになった。そのため、写真の撮り方も使い方もただカメラマンの目からみるのじゃなくて、デザイナーの目に見えるようになってきた。どんな料理をどう撮ればいいか、どうやって撮ればデザイナーうまくつかえるのかも経験によって御手の物なんだ。
大変怠けものの私じゃ、その中で、「どうやって時間を節約しつづもデザイン性を保つ方法」についてもかんがえちゃった(笑)。

それは「切抜き写真」の使用だ。

C0000287pre

普通の場合、メニューを作成、更新したい飲食店は店内かスタジオで料理を作って、盛り付けて撮影して、出来上がった写真をちょこっと調整してデザインにいれるとの流れだ。だが、撮った写真の下敷きや飾り、盛り付けた状態や量などによって、違うデザインテンプレートに入れたらイメージが変になっちゃったりして、中々ほかのところに使えない。

それはもったいないね。せっかく金払って時間使って撮った写真は1回きりだと。

なので、色んなデザインに入れられるようにして、違うところにも使えるようにしてみた。その結果は効果抜群だった。
例えばどんぶりの切抜き写真を、軽食店でも本格的な丼物屋でも使うだろう。

でも両方のメニューのイメージには凄い差があって、例えレイアウトは似てても背景や色の使いは全く違う。
そんなとき、バックのある丼物写真だったら両方にも適するわけはない。

だから切抜き丼物の出番だ!

デザインのレイアウトを組んで色を付けて、最後に切抜き丼物写真をパーっと入れたら完成!と凄く簡単。色んなデザインにも使えるし、あとで背景を変えたりしてまた違う雰囲気に仕上げるのもアリ、実に一石二鳥だ。

怠けデザインさんにはおすすめの2倍速メニューデザイン術はこれで完成。あっけなくほどだ。

時間を節約して次のクライアントをさがしてもよい遊びに出てもよいから、やってみないとソンだよ~。

もしほかの切抜き写真にご興味あればアクセスしてみてください~。