3ステップで簡単で誰でもできる!テンプレートを旨く使うためにフォントをアウトライン化しなくちゃ大変!

はい、皆さん、もしうちでメニューを購入してくれたら、私はまずここで【ありがとうございます】と感謝します。

食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] -

で、念のためですが、もし買ってくれた方の中に、イラストレーターの初心者がいるかもしれません

なので、うまくうちのテンプレートを使えるために、教学が必要かと思います。ということで、今回は

フォントのアウトライン化について話します

これは相当大事なことだと思います。ちゃんとしないと、せっかく仕上げた印刷ファイルのテキストが化けるか、ほかのフォントになってしまいますから。

重要:使用されたフォントは、すべてアウトライン化してください

フォントの情報が残ったままご入稿されると、お客様の意図しないフォントに置き換わって印刷されてしまいます。

で、フォントのアウトライン化とは?

ペンでタップレットでアウトライン化

アウトライン化とはフォントをパスで構成されたオブジェクトに変換することです。

文字のアウトライン化をすることで、フォントつまり文字が図形化されます。

これにより、例えば【XX体】というフォントをつかって作成したファイルを、【XX体】というフォントがインストールされていない、別のコンピューターで開いた時に文字内容の形が変わってしまう事を防ぐことができます。

これで文字化けは防ぐが、うっかりと別の問題にもなります。

凄く大事なことで以下のことも覚えといてください

1.一度アウトライン化したフォントは、元に戻すことができないこと
2.アウトラインする場合は必ず別名保存すること

手元にアウトライン前データを保管しなかったら、今度このファイルをまた開く時文字内容が全部修正できないとわかって泣くでしょう。

しかし、ちょっとでもフォントがそのまま残ってしまった場合は、データが不備となり、印刷作業に進むことができません。

データを修正して再入稿の必要があって時間のロースになります。


イラストレーターでフォントをアウトライン化する方法

【警告:一度アウトライン化したフォントは、元に戻すことができません】

ステップ1:まずは全てのロックを解除します

ファイル内のすべてのレイヤーを選択できるように、各レイヤーのロックを解除します。ちなみに、オブジェクトごとのロックも解除してください。

ステップ2:Ctrl+Aですべてのオブジェクトを選択

私はWindowsのPCを使います。Macの場合はCommand-A でしょう。

ステップ3:Shift+Ctrl+Oを押してアウトラインを作成します

すべてのフォントオブジェクトを選択した状態で、Shift+Ctrl+Oを押してフォントのアウトラインを作成します。

フォント検索して、フォントが見つかった場合はアウトライン化ちゃんとできていない残っています。

フォント情報がゼロになっていれば、アウトライン化が正しく行われています。

もしすべてのフォントがアウトライン化されたら次はAIデータの別名保存をすることです。

またはこれでPDFアウトプットして印刷用ファイルに保存することもできます。

アウトライン化したフォントは、文字を打ち直したり編集したりすることが不可能となるので、アウトライン化後のデータは、別名でファイル保存すると、強くお勧めします。

基本的には上記の流れで完成です。


おまけに:イラストレーターでアウトライン化時の問題

アウトライン化したにも関わらず、フォントが検出される場合は、以下の問題があると考えられます。アウトライン化する時にご注意ください。

孤立点がある

テキストツールで一度クリックし、文字を入力しないまま別のツールに切り替え他場合、「孤立点」と呼ばれるフォント情報が残ります。孤立点を完全に削除すれば問題ありません。一度Ctrl+Aで全選択して画面チェックすることもいいです。

フォントが非表示か隠れている

不要なフォントでも、データ内にフォント情報として残されたままであると、データチェック時に未アウトライン化として不備となる場合があります。

不要な文字やレイヤーは、完全に削除してからアウトプットしましょう。


と、以上です。

もしデザイン印刷の話題に興味があれば是非読んでください。

Comments are closed.
Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapanese