食べ物撮影がうまくできないあなたへ、ちゃんと撮れるためのヒント7箇条

今回は写真の例をいくつかあわせて、フードフォトグラフィーの小技、コンセプトとスタイリングスキルについてのヒントをいくつか紹介したいと思います。

食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] - T0025615

フードフォトグラフィーの食べ物撮影、ちゃんと撮れるためのヒント

ヒント、その1:食べ物撮影はまずぼかしてみよう

食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] - T0039196

開放絞り【小さなF値】を使用し、1つのピンに焦点を合わせて、テクスチャを強調します。おいしい/ねばねばした/ジューシーに見える食品の一部を選択し、そこに焦点を合わせます。ハンドヘルドで撮影するのが好きなので、これで角度やレベルをすばやく変更できます。ハンドヘルドの場合は、レンズにもよるが、基本的に1/200以上のシャッタースピードを使って、手ブレを避けます。また、低い角度で撮ってみてください、思ったよりいい画面が撮れるかもしれませんよ。

ヒント、その2:食べ物を引き立てる色調を選択

食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] - T0038250

食べ物を引き立てる色調を選択します。リネン、調理器具、料理の味に合う料理や付け合わせなどの小道具を見つけましょう。私はいつも食べ物の撮影をするとき、事前にクライアントからメニューを聞いて、イチゴ、レモン、ライム、野菜などをロケに持っていきます。また、色の合うリネン、布、皿、調理器具も持っていきました。背景に敷くマットボードの色も、料理の味を合わせる色でした。これらの背景小道具を使って撮影は楽です。

ヒント、その3:使用される可能性のある小道具を選択

食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] - T0040265

自家製のルックアンドフィールを強調するために、その食品の準備/提供中に使用される可能性のある小道具を選択します。たとえば、冷却ラック、まな板、特定のナイフ、またはその他の調理器具。これらは、写真にテク​​スチャを追加するのにも最適です。

ヒント、その4:構図の奥行きと遠近感を得るための写真の構図

食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] - T0041735

平らなものを撮影するときは、構図の奥行きと遠近感を得るために、恐れずに積み重ねて並べてください。
1つだけおいしいものより良いものは何ですか? 2つか3つ!複数の食べ物を見るのは美味しそうなだけでなく、食べ物が一列に並んでいるときに遠近法を試すのも楽しいです。また、写真の構図、たとえば「三分割法」と「黄金らせん」などを利用してよりいい画面にしましょう。

ヒント、その5:自然光を使う

食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] - T0035690

可能であれば、自然光を使用して、より柔らかく、より自然なハイライトとシャドウを作成します。
間接窓灯が最適です。あなたは太陽があなたの食べ物に直接輝くことを望まない。可能な限り大きな窓を見つけて、できるだけ窓の近くに食べ物を置いてください。詳しいやり方はこの文章を読んでみてください。

ヒント、その6:食欲をそそるように見せる後処理

食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] - T0034838

後処理で食品の色を過度に飽和させないように注意してください。そうしないと、食品が不自然で魅力的に見えなくなります。重要なのは、食欲をそそるように見せることです。

ヒント、その7:リネンには無地の皿と単純なプリントを使用

食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] - T0037682

食べ物の邪魔にならないように、リネンには無地の皿と単純なプリントを使用してください。
食べ物の色を際立たせることが重要です。ナプキンやテーブルクロスなどのプリント生地を使用する場合は、それが写真の唯一のプリントであることを確認してください。単純であるほど良いです。小さな水玉模様、縞模様は大丈夫です。


もしさらにスキルがほしければ…

次はライティングに関して勉強しましょう!!

Comments are closed.
Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapanese