読んで何10万円に値する!現役グルメカメラマンが解説するライト一つだけのライティングスキル

72 / 100
クリームパスタ

フードフォトグラフィー用のライティングスキル、ライト1つだけのセットアップ

フードフォトグラフィーに関しては、自然光がよく求められています。

ただし、太陽は常に動いているため、自然光との一貫性を保つことは困難です。

ほとんどのプロフードフォトグラファーは、人工光を使用して制御しています。

ただし、人工照明の使用は複雑である必要はありません。

ある種の広告や食品の写真撮影をしているのでない限り、1つのライトを使用するだけで済みます。

1つのライトは、ブログ、レストラン、人気の食通雑誌に掲載されている社説の料理を撮影するのに最適です。食べ物に1セットの影を付けるだけで、窓の光を簡単に模倣できます。

人工照明の種類とライティングスキル

数種類の人工光源からお選びいただけます。

最も一般的なアプローチは、内蔵型フラッシュユニットであるモノラルヘッドのようなストロボを使用することです。

広告や製品を撮影する場合は、絞りをF22までしてシャープネスを実現する必要があります。

これらのタイプの撮影では、多くの電力が必要になり、おそらく強力なバッテリーパックをレンタルする必要があります。

食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] - using two light to shoot food photography

ただし、エディトリアルタイプの撮影の場合、必要なのは500ワットのストロボだけです。適切なモディファイアでスピードライトを使用することもできます。

一部のフードフォトグラファーは、シャッターを押す前に影がどこに落ちているかを確認できるように、LEDライトパネルなどの一定のライトを使用することを好みます。

撮影する前に

撮影する前に、最終的な画像をどのように見せたいかを考える必要があります。

光を柔らかく風通しの良いものにしたいですか、それとも深い影と印象的なコントラストを探していますか?

光を柔らかくしたいですか、それとも硬くしたいですか?

明暗のコントラストが強いほど、画像はより劇的になります。

あなたの主題はしばしばあなたが選ぶスタイルを決定します。たとえば、アイスクリームは夏の意味合いがあり、通常は明るい色であるため、柔らかな光や明るく大胆な外観が理にかなっています。

ソフトライトとハードライトのどちらを選択する場合でも、光源を拡散させて、明暗が出会うグラデーションを適切にぼかします。

照明スタイルの種類:サイドライト

時計の文字盤を想像してみてください。

9時の方向に配置されたライトを想像すると、これはサイドライトです。

3時の方向に配置することもできます。

lamb chop

これは厳格なルールではありません。構図によっては、それぞれの面が写真の光の見え方に影響します。

次に撮影するときは、ライトを9時の方向に合わせて撮影し、ライトを動かして3時の方向に撮影してみてください。最終結果の違いに注意してください。

サイドライトは、ほとんどのセットアップでうまく機能するため、多くのフードフォトグラフィーに適したアプローチです。

あとはテーブルの近くに大きなソフトボックスを置いてみます。光源が大きいほど、光は柔らかくなります。柔らかな光は、フードフォトグラフィーで望ましい外観です。

ライトの反対側にリフレクターまたはバウンスカードを配置して、ライトの一部をシーンにバウンスさせます。必要なシャドウの量に応じて、近づけたり遠ざけたりします。白や明るいシーンを撮影する場合でも、いくつかの影で立体感を作る必要があります。

バックライト

バックライトとは、12時の方向に食べ物の後ろにライトを配置することです。

これは、光沢を追加し、食品の食感と液体特性を強調するため、飲料やスープに最適です。

食べ物によってですが、画像が明るすぎて背面が吹き飛ばされ、前面が暗すぎる可能性があるため、作業が難しい場合もあります。または、色あせたように見えることもあります。これは、光が多すぎる場合に発生します。

また、食べ物の上に反射しすぎることもあります。

バックライトはまた、バランスを取るのが難しい可能性のある劇的な色のコントラストを強調します。

したがって、バックライトの使用を選択するときは、これらの課題に注意してください。

サイドバックライト

これは、ライトが10時または11時の方向に配置されている場合の、前述の2つの照明スタイルの組み合わせです。

このスタイルを使用すると、最高の世界を手に入れることができます。写真の裏側で露出オーバーのリスクなしに逆光の表面の輝き。また、光は斜めから来るため、食品の前面にそれほど多くの光を反射する必要はありません。

リフレクターは光源の反対側にあります。

重要なのは、シャドウをどのように落としたいかに応じて、シーンに対するライトの高さをいじることです。

その他の照明スタイル

この時点で、フードフォトグラフィーでは機能しない照明スタイルがいくつかあることに言及する必要があります。

フロントライトはポートレートでよく使用されますが、食べ物ではひどく見えます。不要な影を落とす可能性があり、画像は平らに見えてしまい素人の写真になります。

頭上からの照明もフラットな画像を作ってしまいます。

結論として

食べ物の写真撮影のために人工光で撮影を始めたばかりの場合は、逆光にうまく取り組むことができるようになるまで、サイドライトの使用に集中してください。

少し練習し、いくつかの調整を加えることで、自分のスタイルのフードフォトグラフィーに最適に機能するようにセットアップを調整します。

もし、これまで読んでも自信がなければ、または面倒くさくて撮りたくない場合は、うちのグルメ写真素材を使ってみてはいかがですか?

Comments are closed.
Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapanese