万能でテクスチャー背景を作れる超便利スキル!24種類あり、自由に色の調整ができる秘蔵のバック!

デザインする時、特にメニューを組む時は、かっこうよく仕上げるためによく使われている【テクスチャー】があります。

黄色い砂のテクスチャー

石、布、砂、金属、葉っぱなどをズッシリと背景に敷くというやり方です。サーチすれば素材画像としてよく出てくると思います。私でもいつも使っています。

が、一般的な背景用画像にはちょっと色のクセがあっていつでもデザインの色に合うとは限りません。

なので、ここで紹介します。

万能でテクスチャー背景を作れる超便利スキル!

自由に色の調整ができる秘蔵のデザイン技!

と、凄そうに言ってるけど、ぶっちゃけ簡単なことです。下の動画を見れば大体分かると思います。

どうですか?簡単でしょう?

合わせて比べればもっとハッキリと分かるでしょう。

食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] - 01食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] - 01

違う色にしても全然問題ありません

食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] -食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] -

【モノクロテクスチャー】と【描画モードと透明度の調整】の合わせワザでバリエーションが豊かになります!

明るみをだすときは主に【浅い色】と【ソフトライト】を使い

ダークな感じを出すときは【濃い色】と【焼き込みカラー】を使えば雰囲気が出ます

あとは色のバランスなど細かくいじればOKです。

もしもう少し詳しく知りたければAdobeで説明を読みましょう。

ベテランのデザイナーさん達は多分皆分かっている実用なスキルですが、初心者や店の経営者でデザインの素人なら分からないかもしれません。

知っておけばデザインの調整の幅はぐっと広がるでしょう

下に24種類のモノクロテクスチャー画像素材があります。岩、布、毛、金属、紙などの質感もあって色々なデザインにも対応可能です。

食相関写真画像素材 [PHOTOTORA] - 24 pcs 01

ほかに背景素材もありますので、是非見てみてください。

Comments are closed.
Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapanese