グラフィックデザイナーが初稿でOKサインもらうため作業効率を向上させたいならこうしよう

ここはデザイナーとして、ほんの少しの経験シェアです。いつものように【外人だから】カタコトな日本語ですみません。頑張って書きます。

では、行きましょう。

一部のデザイナーがデザインにいくつかの初稿を必要とするのはなぜ?
十何回以上のドラフトも必要であるのに対し、一部のデザイナーはそんなに回数が必要しないのはなぜ?
彼らの技術レベルが非常に悪いからでしょうか?
なぜ問題が起こったのかは、誰もが独自の見解を持っていると思います。
が、もしデザイナーはクライアントの【希望を沿って】デザインするではなく【自分のデザインを】しては

問題が起こるだろう。

サービス産業であるデザインは受動的な産業。私たちがしていることは、テキスト、カラーマッチング、ボードレイアウトを通じて顧客が必要とするものをつくりだすことです。

では、1回だけのドラフトでクライアントからOKもらうデザインには、何が必要なのか?

コミュニケーション

はい、コミュニケーションです!

そうです、コミュニケーションです!

本当に、それはコミュニケーションです!

重要なことは3回言います。デザイナーにとって、お客様とのコミュニケーションはとても重要です。お客様が何も知らなくても、お客様とのコミュニケーションをあきらめることはできません。できるデザイナーならば率先して調査し、顧客のニーズを見つける必要があります。

第一ステップ・プロジェクトの背景を理解すること

プロジェクトのバックグラウンドを理解することで、プロジェクトにおける製品の位置付け、製品の利点とセールスポイント、資料が置かれる環境、製品の対象者などを実際に理解することです。製品の利点とセールスポイントを理解することで、関心のあるポイントをより適切に強調し、消費者のニーズを突き止めることができます。

資料の配信の実際の環境を理解することで、差別化されたパフォーマンスをデザインし、デザインドラフトを情報の海で際立たせ、クリックコンバージョンを改善できます。

製品の対象者を知ることは、特定のグループの人々に向けてデザインするのにも役立ちます。これで時間を効率的に使用してより効果的に行うことができます。もちろん時間が許せば、ゆっくりかつ慎重に作業することもできます。

また、いわゆる【セールスポイント】とは、前例のない独創的または独特の機能と特徴を持つ製品を販売することを意味します。これらの特性とは、一方では製品に固有のものであり、他方では、マーケティングプランナーの想像力と創造性によって「何もないところから作られた」ものです。セールスポイントは、プロジェクトにおける製品の位置付け、製品の利点、マテリアルが配置される環境、および製品の対象者の組み合わせです。

最初にデザインのアイデアを整理する必要があります。この段階では、構成、タイプセット、カラーマッチング、フォントの選択に注意を払いながら、同じ業界で多数の優れたデザインケースを見て整理して考えるべきです。特に、同じタイプを持ついくつかの業界は、それらからインスピレーションを得て、実用的な設計計画を考案するために製品の特性を組み合わせています。

第二ステップ・最初に全体、次に部分的な原稿の描画

最初の準備ができれば、原稿の描画に進むことができます。
これは依然として非常に重要です。

原稿の描画では、紙の上でさまざまなレイアウトやレイアウト方法を試すことができます。ページの要素を再レイアウトしたり、テキストコピーを分割して再編成したり、通常のテキストを置き換えたり、同様の属性でコンテンツを分類したりできます。処理し、ページの相互作用とユーザーエクスペリエンスの詳細を最適化し、それを変更することも非常に便利です。

もちろん、原稿は美しいものである必要はありません。結局のところ、原稿図面は私自身が見るものであり、私が思いついたのは漠然としたデザインの表示であり、紙に直接さまざまなコンセプト効果を提示し、最終的な希望のレイアウトやスタイルを比較して決定しています。原稿が醜いか荒いかは関係ありません。他の人が読めないかどうかは関係ありません。

第三ステップ・クイックドラフト、細かい部分を描く

前の二ステップの準備が完了すると、その後の設計プロセスは当然スムーズになります。原稿の画像をより鮮明なバージョンでしょう。が、デザインプロセス中に、デザインの一般的な方向性について疑問を抱いたり、細部に絡まったりしないでください。【最初に全体的、次に部分的】との順番を守ってやる必要があります。

最初に全体を作り出し、次に各要素の比率を調整してバランスを取ります。その後、合成、色調整、光と影の処理などを含む要素の詳細を充実させ、画面が完了したら全体的なマクロビューに戻ります。作品は、映像の雰囲気が強く、映像情報もクリアであり、実際の商業作品の目的を達成しています。

と、上記までのことしっかり実行すると、あとのことは非常に簡単になって、クライアントさんからOKサインがもらえるでしょう。

This post was written by phototora

Comments are closed.