魚料理に関する選択の色々

フライや炒めに適した魚

魚のフライや炒めなどの料理をする場合、肉が細かく弾力性がよい、しかも結合組織が少ない、肉繊維が長い、肉厚い、とげがない、色白いなどのポイントが上げられます。コイ、ニシン、草魚なども美味しくまろやかでいい選択になります。
と畜した後、旨く切り身を切り出すことができれば、揚げたときに割れにくく、柔らかく出来上がます。。食材の選択に注意を払わないと、細断された魚や魚の切り身がお粥のようになり、料理の品質や風味に影響を与えます。

シチュー用の魚

魚のスープは鮮度が一番です。魚の煮込みで最も重要なのは鮮度です。中華料理ではコイのシチューが最高です。この魚は柔らかくて美味しく、栄養価値も高いです。同時に、牛乳のような乳白色で美味しくまろやかな煮込みスープにするには、コイもいい選択になります。

フィッシュボールに最適の選択

フィッシュボールを作るときは、まずは新鮮な魚を使います。あとはうま味は十分で、臭いがなく、脂肪分が少なく、タンパク質が豊富で、吸水率が高く、粘度が高く、細い筋繊維、弾力性がよく、白色で、棘が少なく、筋肉がいっぱいなども選択の要点に入ります。例えば:ウツボ、サンマ、スズキなどもいいです。魚の大きさは2〜5kgの体重を選ぶのがベストです。魚が小さすぎると水を含める量が少なすぎてつるつるで柔らかくなれません。しかし。もし大きすぎると、脂肪が多くなり肉質も荒くて作ったフィッシュボールの食感がよくありません。

This post was written by phototora

Comments are closed.