地元名物香港料理レシピ、鬼馬缽仔魚腸【お麩乗せ魚の腸の鉢焼き】!これで香港に行かなくても楽しめる不思議な美味しさ!

鬼馬缽仔焗魚腸

鬼馬缽仔魚腸【お麩乗せ魚の腸の鉢焼き】の材料【3人前】


  • 油炸鬼【1本】
  • *なければお麩で代用可
  • 卵【3個】
  • 水【100㏄】
  • 草魚の腸【3~5本】
  • シイタケ【4個】スライス
  • 塩【小さじ1/4】
  • コショウ【小さじ1/4】
  • 砂糖【小さじ1/2】
  • 醤油【小さじ1】

ポイント:草魚の腸についてる油をすべて洗い流して水気を切って、コショウと塩で味付ける

代用品1:草魚の腸が無ければサンマ、トビウオ、サヨリなどは腸内に内容物がないためにそのまま食べられるので代用可

代用品2:どうしても魚の腸には抵抗があれば冬虫夏草の花【20g】で代用可


所要時間【30分以内】

1.シイタケを水で戻して、砂糖と醤油で味付けて、スライスしてオーブン用の容器に入れる。

2.味つけた草魚の腸を入れる。

3.卵に水と塩とコショウを入れてよくかき混ぜてその3/4を入れる。

4.油炸鬼またはお麩を乗せて6~7分間強火で蒸す。この期間、オーブンを200度に予熱する。

5.取り出して残りの1/4の卵液を入れて、200度に予熱したオーブンで約15分焼く。

ほかの【お麩乗せ魚の腸の鉢焼き】の写真素材はここをクリック

This post was written by phototora

Comments are closed.